☆ロードバイクやMTB、自転車用アクセサリーの格安海外通販Wiggle



今朝、自転車を見たら、スローパンクチャーだと思ってたタイヤが
完全にぺちゃんこになってました…。
昨日の長距離で穴が大きくなってしまったのかも。

初のパンクだし、プロが修理するのを見て勉強しようと思い、
自転車屋まで行くも、休み…。
ツーリング中にパンクしたら自分で対処する気概こそあるものの、
ちょっと気が抜けつつ、自分で修理することに。



外すの大変だろうな~と思っていたタイヤですが、
空気が入ってないと簡単に取れ、チューブを取り出せました。



パンクの穴もすぐにみつかりました。
自転車屋さんのように水につけてみつける古典的方法。



ゴム用接着剤を乾かしてる間にタイヤの内部をチェック。
何も見当たりませんでしたが、MTBのタイヤも意外と薄いんだな~と。



MTB用のチューブと一般用チューブ。
全然長さが違います。
試しに一般用を差し込んでみると、バルブがリムから少ししか出ない。
応急用としては使えそうですが…。



パッチをつけ、確認し、タイヤの中に戻し、空気を入れます。
この空気入れが一番大変で時間がかかりました。
手は痛くなるし、腰も疲れる…。

一応、走れるまで空気は入りましたが、それでも空気圧は低い…。
1日おいて、同じ空気圧であれば、成功ということで
ガソリンスタンド辺りで空気を入れてこようと思います。

色々勉強になったものの、パンク修理はこりごりです。