2012年09月14日

ランニングシューズの寿命(買い替え時)

【送料無料】マラソンは毎日走っても完走できない [ 小出義雄 ]

靴の寿命

ニューバランスのレーシングタイプのフラットソールのシューズ。
半年くらい、走行距離は約800km。

特にフォアフット着地を意識してたわけではないのですが、
つま先ばかりが減っています。

アウトソールが擦り減ってミッドソールが見えたら替え時と言われますが、
このシューズでいうと、黒いのがミッドソールにあたるのでしょうか?

いつも、流石にもうダメだろう〜というくらいになって捨ててます。
このシューズは軽いし、足にフィットしていてお気に入りで、
捨てるのが忍びないくらいでした。

他にも踵のソールが厚いものなど、シューズの形が変形してしまったものもあり、
それを履き続けるのはコワイので、お役目ご免としたこともあります。

車のタイヤみたいに、このラインが出てきたら、替え時、みたいに
になっていればわかりやすいのですが…。

アディダスのシューズでは「mi」というシューズにチップを入れて、
買い替え時など教えてくれるものもあるようです。

人によって、ランニングフォームも違うし、ソールの減り方も違うので、
どんなシステムになっているのやら…。

距離による買い替え時の例では、

トレーニング用:800〜1000km
トレーニング兼レース用:500〜700km
レース用:300km

レース用シューズは何となく寿命が短い気もします。

アシックスでは、

ランニングシューズにつきましては、テスト段階では
最高のパフォーマンスを発揮するのは500km程度までで企画

なんだそうです。

それを聞くと、アシックスのシューズで練習できなくなってしまいます…。

と、シューズを履くのが当たり前の前提なのですが、
裸足で走るという人たちはどうなんだろうと思ったことがあります。
多少、ソールが減っても、距離が長くなっても、あまり関係ないのでは?と。

たまに裸足で走ってみたりもしますが、舗装された道を裸足で走るのも
少々疑問があったりしますが…。

買い替え時期の例で、「クッション性がなくなったら」というのもあります。
これは人によってマチマチになりそうです。
個人的にはペタペタと走る感じなので、あまりクッションも感じないですし。

ということで、シューズを買うと、走った日、距離、大会か練習かの3点を
メモして、買い替え時の目安にしています。

因みに使用していない新品のシューズでクッション性が
保持されるのは4年程度のようです。
1年落ちくらいのシューズは問題なく履けますね。

最後にシューズを長持ちさせる使用方法をまとめてみました。

シューズの紐をほどいて脱ぐ。 
理由はシューズは踵が命だから。

1度履いたら3日間ぐらいは休ませてると良いそうです。
同じシューズを毎日使うと、クッション性が完全に戻っていない状態で
クッション性を酷使してしまい、靴も長持ちしないとのこと。

シューズを複数所有し、交代で履きまわすと、良いようです。

posted by トレイルアジア at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ランニングその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。