2013年06月18日

コロンビアトレイルマスターズ2013(エピソードX)

☆元五輪代表・森隆弘の水泳スピードアップ・プログラム

コロンビアトレイルマスターズ2013エピソードX

タイの有名歓楽街の一つ、パタヤの側でトレイルレースがありました。
アウトドアブランドのコロンビア主催のコロンビアトレイルマスターズ2013(エピソードX)

コロンビアトレイルマスターズ2013エピソードX

コロンビアトレイルマスターズ2013エピソードX

レースの前日、パタヤに宿を取り、バイクを借りて、
レースキットの受け取りに行ってきました。

コロンビアトレイルマスターズ2013エピソードX

コロンビアトレイルマスターズ2013エピソードX

パタヤ中心部から20kmちょっとでした。
バイクで25分程度。
カオマイゲーオという地区で開催されました。

コロンビアトレイルマスターズ2013エピソードX

グーグルマップでもよく見ていったのですが、
会場の6km前から大会の看板があり、わかりやすかったです。

翌朝、目覚めると、ザーザーの雨。
予期してましたが、うれしくない…。
安物ポンチョを着て、出陣。

出発してしばらくすると、雨が痛くて40km以上で走れなくなり、
高架下で休憩。
そのまま走ろうと思ってたシューズと靴下もびしょ濡れに。

何か所か川のような道路があり、エンジンが止まらないか
心配しつつも突き進み、会場に着くとスタート30分前。

荷物を預け、ストレッチとかしてみたりして。
もう、寒くて寒くて。

アナウンスで倒れた木の除去だか何だかでスタートが押しましたが、
6:15頃スタート。

スタートの前から他のランナーのシューズを見てたのですが、
普通にアシックスのターサーとか履いてる人も。

カテゴリーは50kmの他、25km、10km、3.5km。
ターサーの人はどのカテゴリーだったのか…。

その方だけでなく、ほとんどの方がロード系シューズだった気がします。

コース全体に緩い登り、下りがあり、舗装道も少なく
心地よい感じでした。

雨のせいか、どうやっていくの?という水溜りや
川になっているところもありました。

5km毎に給水所があり、スポーツ飲料の粉や
コーラなんかも置いてありました。

コースに砂地みたいなところもあったのですが、
先に行ってる人たちの痕跡というか足跡が薄い感じ。

走り方が良いのかもしれませんが、シューズという理由もあるかと。

5km走って30分。このまま行くと、25kmで2時間半。
25kmを2ラップなので、恐らく5時間半ちょっと。

1月にあった21kmのタイムを見て、4時間ちょっとで
完走できるかと思ってたのですが、甘かったです。

25km走り、2時間半。人生初のリタイア…。

25km地点に着いて、もう一人ランナーがいて、6位と7位と言われ、
ちょっと迷いましたが、止めておきました。

「ホテルのチェックアウトと友人の空港見送りに間に合わないから」
とは言えなく、トイレに行くような感じで帰ってきてしまいました。

レース結果を見たら、自分の名前がなかったです。
もう出場させてもらえないかもしれない…。

写真とかも無かったことにされるのだろうか。

山じゃないから余裕だろうと思ってたのが間違いでした。
完全に計画ミス…。

昼前に戻りたい人は25kmで!

posted by トレイルアジア at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ東部のマラソン大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。